専業主婦の私でも利用できるカードローンがありました

同窓会に着ていくために新しい洋服を買いたいが、家計を考えるとそれは贅沢なこと。でも…

去年、昔通っていた女子大の同窓会がありました。大学を卒業してからもう10年以上経っており、学生時代の友人ともほとんど連絡を取らない状態になっていました。別に仲違いしたわけではないのですが、子育てや夫の世話などで慌ただしい日々を過ごしているうちに、自然に疎遠になりました。
なので、去年、同窓会の通知が届いた時には、懐かしい気持ちでいっぱいになり、出席にチェックを入れてすぐにハガキを送り返しました。でも、いざ出席のハガキを送ってしまってから、同窓会に着ていけそうな洋服が1着もないことに気がつき、困ってしまいました。夫に、同窓会に着ていくために新しい洋服を買いたいと言ってみたのですが、独身時代に着ていたスーツやワンピースがたくさん残っているだろうと言って、取り合ってもらうことができませんでした。

確かに、今は子供にお金がたくさんかかる時期ですし、マイホーム購入資金も貯めていますから、夫の言い分もよくわかります。夫が仕事で着ているスーツだって、もう何年も新調していません。
なので、同窓会のためだけに新しい洋服を購入することがとても贅沢なことだということは、私自身よくわかっていました。でも、女性の視線はとてもシビアなので、10年以上前の型の服を着て同窓会に出席した日には、その後何年間もそのことを話題にされ続けることになってしまいます。女性には、相手の服装や身につけている小物などで現在の生活水準を値踏みするという特技があります。
私は、同窓会に出席して惨めな思いをするようなことは絶対に嫌でした。

夫へ確認が入らない銀行のカードローンを利用して洋服を購入、恥ずかしくない格好で同窓会へ出席することができました

そこで、夫に申し訳ないとは思ったものの、カードローンを利用してみることにしました。 実は、近所の奥さんから、専業主婦でも銀行カードローンなら利用できるという話を聞いたことがありました。なので、インターネットで調べてみたところ、有名なメガバンクが専業主婦が利用できるカードローン商品を出していました。いくらお金を借りるためとはいえ、消費者金融を利用することに対しては強い抵抗感があります。
でも、街中に何軒も店舗があるメガバンクが提供しているキャッシング商品なら安心して利用することができます。おまけに、消費者金融よりも金利がずっと安くなっていたので、これならば利用しても大丈夫だろうと思いました。

私が借入申し込みをしたメガバンクの場合は、夫の所に確認電話が入らない仕組みになっていたため、私がお金を借りたことは夫にバレていません。無事に希望額を借りることができたので、恥ずかしくない格好で同窓会に出席することができました。
現在、毎月の家計費を少しずつ節約して、借りたお金を返済している最中です。節約はお手の物なので、もうじき完済できそうです。