銀行カードローンについてくる保証会社とは

返済が滞った場合、債権が銀行から保証会社に移り、銀行に代わって借金の返済を促す役目を担う

カードローンを申し込むと、保証会社による審査が行われます。万一返済が滞った場合、債務者に代わって返済を保証するのがこれらの会社の役割です。三菱東京UFJ銀行にはアコム、三井住友銀行にはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、みずほ銀行にはオリエントコーポレーションといった具合に、そこには消費者金融会社や信販会社が名前を連ねています。
返済が滞った場合、これらの会社が借金の肩代わりをしてくれるというわけではなく、債権がこれらの会社に移り、借金返済を促す通知はこれらの会社から届くことになります。つまり、銀行はこれらの会社と組むことにより、個人融資のノウハウを手に入れると同時に、返済が滞った人の管理、債権の管理もまかせられるようになったのです。

審査は、収入や他からの借り入れ、過去の金融事故の有無など、返済する能力があるかを確認することが目的

審査といっても特に変わったことはなく、きちんと返済する能力があるかを確認することが目的です。したがって、定収はあるか、他に多くの借り入れがないか、過去に金融事故を起こしていないかなどを審査します。
これまでに滞納などの金融事故が何もないという人ならば、審査はおおむねスムーズに通ります。しかし、信用情報に金融事故の記録が残ったことのある人は要注意です。また、すでにそれから年月がたち、情報が消えているはずであっても、過去に何らかの事故的なやりとりがあった会社では審査に通らないということも起こりえます。
こうしたことが起きるのは信用情報機関が保持する記録には期限がありますが、会社独自が持っている情報にはそうした規定が明確ではなく、ブラックな情報がずっと残ってしまうこともあるからです。こういうことが起きる可能性があるために、信用情報に傷をつけないことはとても大事です。
申し込もうとするカードローンの保証会社がどこかを確認し、過去に自分が何らかの金融事故で迷惑をかけた会社以外を選んだ方が、審査には通りやすくなります。

同時期にいつくもの会社に申し込むと申し込み履歴が残り、通るはずの審査にも落ちてしまうことも…

審査に通るかどうかは申し込みをしてみないとわかりませんが、だからといっていくつもの会社に同時期に申し込むのはやめましょう。融資を申し込むと履歴が残っていくため、金融機関は審査の際にその情報を照会します。複数同時に申し込んでいる記録があると、資金繰りに困っていることが金融機関側に筒抜けになり、通るはずの審査にも落ちてしまいます。本命のローンひとつに絞って申し込みましょう。
銀行のカードローンの場合、もし返済できすに大きな滞納をしてしまうと銀行と保証会社の双方の信用情報にマイナスな記録が残ってしまいます。計画的に返せる範囲で借り入れきちんと返済していくことが特に大切です。