申し込みから審査、借り入れと返済について、カードローンの基礎知識についてご説明します。

カードローンをさらに便利に利用するための借り換え

借り換えとは、現在お金を借りている金融機関とは別の金融機関にお金を借り直こと

多くの金融機関が、カードローンのサービスを提供しています。そしてそのサービス内容は、それぞれの金融機関である程度異なっています。たとえば、利用開始から最初の1ヶ月間は無利息としている金融機関もあれば、貸し付け上限金額が高いという金融機関もあるのです。そのため多くの人が、それぞれの金融機関のサービス内容を比較した上で、自分にとって最も都合の良いものを選択し、申し込みをしています。
ところが中には、申し込みを終えた後で、他の金融機関のサービス内容の方が自分に合っていたことに気付くという人もいます。そのような人の多くが、借り換えをおこなっています。これは、現在お金を借りている金融機関とは別の金融機関に、お金を借り直すことです。

たとえばA社に、50万円借り入れしていたとします。その50万円を、B社から借りてA社で完済させれば、以後はB社で返済をおこなうことになります。A社よりもB社の方が金利が低かった場合には、以後の返済では利息における負担が減ることになります。このように、返済する先を変更することが借り換えなのです。
以前は住宅ローンでよくおこなわれていましたが、昨今ではカードローンにおいてもさかんにおこなわれるようになっています。利息の軽減に限らず、お得なポイントサービスを利用できるようになったり、ATMで借り入れや返済をする際の手数料がかからなくなったりと、カードローンがより便利になるというメリットがあるからです。

おまとめローンは、複数の借金を一社にまとめてることで返済の手間が減り、借り入れ総額が100万円を超えれば金利も低くなる

また、中には借金の一本化のためにおこなっている人もいます。たとえばA社とB社のそれぞれから50万円ずつ借り入れをしていた場合に、C社から100万円を借りることで、A社とB社のそれぞれに50万円ずつ返済するのです。するとその後は、C社1社にのみ返済すれば済むようになります。
一本化することで返済の手間が少なくなりますし、返済状況の確認もおこないやすくなります。さらにこの例の場合、一本化により借り入れ金額が100万円を超えます。現在の日本の法律では、100万円を超える場合の上限金利は、借り入れ金額が100万円以下の場合の上限金利と比較すると、低めに設定されています。そのため合計で100万円以上になるように一本化すれば、その分低金利での返済ができるようになるということです。
このように一本化することは、俗におまとめローンと呼ばれています。A社からB社へといった借り換えよりも、さらに多くのメリットがあるため、おまとめローンは注目されています。

最新投稿